大豆麺ならバリバリのダイエット中でもラーメンが食べられる!

ダイエット中のご法度食品と言えば〈麺類・丼物・ピザ・お菓子〉と上げればキリがありませんが、『麺類を我慢するのは本当にキツイ』という方は〈大豆麺〉を試してみてください。

本記事の内容

*そもそも麺類は本当に太るのか?
*ダイエット中でも食べれるラーメン〈大豆麺〉
*その他、太らないラーメンの食べ方

以上の内容をお伝えします。ダイエット中は色々なものを我慢するのでストレスが溜まります。我慢をするものは少しでも少ないほうがモチベーションが維持できてダイエット成功に繋がります。

目次

麺類は本当に太るのか?

ダイエットをしているほとんどの方は〈麺は太る〉という認識を持っていると思います。太るか太らないかの2択で答えれば『太ります』。

理由その①

〈ラーメン・やきそば・パスタ〉などの麺メインで一品となるものは、炭水化物がメインであり糖質量が多いのです。炭水化物(糖質)は摂取量が増えると簡単に脂肪になってしまうのでダイエット中は真っ先に制限することになる栄養素です。

理由その②

麺類は摂取する栄養素が炭水化物(糖質)に偏っているため筋トレなどの体作りに向いていないのです。ダイエット中は筋トレなどの運動をして筋肉量を維持して代謝を上げ、〈太りにくく痩せやすい体質〉を作ることが理想です。ですが麺メインとなると、脂肪の素になる炭水化物(糖質)がメインになり、筋肉の素になるタンパク質などが少なめになってしまいます。そしてラーメンとなると〈塩分・脂質〉も豊富なスープが付きますので、ダイエットに反抗するための食べ物となってしまいます。

カップ麺でもダメ?

カップ麺はお店のラーメンと比較すると基本量が少ないので炭水化物(糖質)はやや抑えられます。お店の麺は一般的に140~160gであるのに対して、カップ麺は通常サイズの麺でおおよそ60g、大盛りで80~90gです。

ですがカップ麺は製造の工程で麺を油加工してますので量のわりに脂質がかなり高いため、やはりダイエットには不向きです。とはいえカップ麺1個には『太る』と言い切るほどの破壊力はないので(一部商品を除いて)本気のダイエットをしていなければ、たまに食べる分には問題ないと言えます。

太ることを気にしているのであれば麺を油加工していない〈ノンフライ麵〉を選択することをおすすめします。ノンフライ麺は油加工ではなく乾燥加工を行っているため、脂質量が通常の麺の半分以下に抑えられています。

あわせて読みたい
カップ麺は太るのか?ダイエットには悪いイメージの理由とは
カップ麺は太るのか?ダイエットには悪いイメージの理由とは太るイメージが強く、ダイエット中には食べてはいけない気がする〈カップ麺〉ですが、実際のトコはどうなのでしょう?実はダイエット中にも食べれるカップ麺はあるので...

ダイエット中でも食べられるラーメン

ダイエット中にはラーメンはNGという内容を上記でお話ししましたが、それでも食べたい気持ちはあると思います。ダイエット中にはカップ麺の臭いとかも本当に勘弁してほしくなります。

そういった方は〈大豆麺ソイドル〉を試してみてください。ソイドルって何?ってなると思いますが、ただのダイエットするための神食材です!

大豆麺ソイドル

上図を見ていただければわかりますが、本当にダイエットに最適の食材です。糖分カットは他の商品でもよくありますが、タンパク質と食物繊維が豊富に含まれているのが本当にオススメできる内容です。私が気合でダイエットした20年前になんでコレなかったの?と本気で思います。

大豆麺は通常の小麦粉の麺と比べるとモチモチ感やツルツル感は落ちます。原材料が違うのでそのあたりはしかたないでしょう。

ソイドルの口コミサイト

https://maruchoku.com/review/item/72602M?page=2

口コミでは単純に『不味い』や『食感が堅い』などの不評もあれば『普通に美味しい』『ダイエット食品でこれなら十分美味い』と好評なものもあり、もっとも的を射ているのは『食べ方次第です』というものですね。

栄養成分は圧倒的にダイエット向きですし、口に合うように調理できれば子供にとっても体の成長に非常に役立ちます。

キャンペーンバナー

その他、太らないラーメンの食べ方

*麺の量を減らし野菜系の具を増やす
*あっさり系のラーメンにする

どうしてもラーメンを食べたいけど太りたくないという方は基本的に上記の2点を抑えてください。『ラーメンはスープさえ飲まなければ太らない』と思っている方も多いですが、大半は〈糖質の塊〉である麺で太ります。もちろん油たっぷりのこってりスープも危険です。

お店の麺は生麵ですので実はそんなに脂質は高くないのですが、やはり糖質分が高すぎてダイエット中は減らさざるを得ないです。かわりに野菜系のトッピングを行うことで食物繊維も取れて腸の働きも良くなるので、やや太りにくくなります。

スープは油たっぷりのこってり系は完全NGです。麺で糖質ゲット、スープで脂質ゲットがラーメンです。ですが、あっさり系のラーメンは油を使う量が非常に少なくなるため脂質の量が大幅にカットできます。

ダイエットの基本知識:脂肪の素となる糖質(炭水化物)・脂質は控える

まとめ

●麺類は基本太るのでダイエット中は抑える

●カップ麺を食べるならノンフライ麺にせよ

●糖質が気になる方は〈大豆麺ソイドル〉を試してみる

●ラーメンを食べるなら麺の量を減らす

●スープはこってり系NG、あっさり系にしましょう

色々と気を付けていても通常のラーメンはやはり太りやすいのでダイエット中はおすすめできませんね。『ダイエットはする!でも麺も食べたい!』と言うのであれば調理の手間はありますが〈大豆麺ソイドル〉は1度試してみる価値はあります。

他には、ダイエット中ではなくなりますが〈太りにくい体質〉になってから好き放題食べるという考えもあります。太りにくい体質になればラーメンを食べようがカレーを食べようがお構いなしの無敵状態になれますからね。

あわせて読みたい
ダイエットの終着点!太りにくい体質になると食生活が幸せすぎる!
ダイエットの終着点!太りにくい体質になると食生活が幸せすぎる!太りにくい体質というのは、食事を楽しめる!ということです。我慢を減らしてストレスもなくなると毎日に幸せな時間が増えていきます。

キャンペーンバナー

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる