なぜ?『食べてないのに痩せない』!少食でも太る原因5選

本気でダイエットしようと思ったから食べてないんだけど、、全然痩せない、、なんでよ。。

本記事では上記のような方が確認すべきことをまとめました。

ダイエットで多くの方が真っ先にとる行動は『食べない』という方法だと思います。しかし実は『とにかく食べない』ということがダイエットになるかというと、『上手く痩せずに失敗して逆に少しお肉が付いてしまう』ということもあります。

『食べてないけど痩せない!!』という方は是非参考にしてください。

目次

食べてないのに痩せないときの原因

特にケガをしているわけでも病気に掛かっているわけでもなく、『食べていないのに痩せない』というときは生活の中で気を付けなければならないことを見落としている場合が多いです。

腸内環境が悪い

食べない』とはいっても『一切何も口にしない』ということはなかなか無理があります。

食べる量が少なくても腸内環境(腸内フローラ)が悪い状態だと便秘にもなりやすく、栄養が正しく分解されずに脂肪にもなりやすいのです。ポッコリお腹の代表的な原因でもあります。

本当に食べていない?

〈朝・昼・晩〉の食事時間に食べていなくても、間に我慢ができずダイエットに不向きな〈糖分の多い飲み物〉や〈菓子パン〉などをつまんでしまうことがある人は多いです。

簡単に食べられる物は油加工がされていて脂質が多かったり、糖分比率が高い物が多いです。無理に我慢をするとかえって欲求が溜まってしまい、ストレスも溜まって『気づいたら何か食べてしまっている』という最悪な状況になってしまうので危険です。

朝・昼は食べないで夜だけ食べている

朝食を抜いて昼も軽くすませる方は珍しくはありません。しかし、空腹状態を長くしてから食事を摂ると〈カラダは脂肪を蓄えやすくなる〉とされています。

特に脂肪へと変換されやすい〈炭水化物〉をメインに摂取してしまうと例え一食しか摂らなかったとしても、ダイエットとは逆に〈効率よく脂肪を蓄える〉という状態になりやすいです。

*むしろ完食に気を付けて適切な栄養を摂る方がダイエット効果は高いです

運動となる行動をほとんどしていない

運動、つまり筋力を使う動作を行わないと基礎代謝が落ちてしまいます。消費するエネルギー量が少なければ、食べる量が少なくても痩せません。

細くても意外と力があったり、足腰が強かったり、腹筋が堅かったりするという方がよくいます。そういった方は細く見えても筋肉量があるので、エネルギー消費量・基礎代謝が高く簡単に太らないです。歩くときや体を動かすときにわずかでも力を入れて筋肉を使う意識をするだけで格段にダイエット効果は変わってきます。

〈重要〉 睡眠不足

『痩せない』という方の原因には〈睡眠不足〉が当てはまる方が圧倒的に多いです。睡眠とダイエットには非常に強い関係性があります。

睡眠中は大人でも〈成長ホルモン〉が分泌され、その作用により筋肉の修復・肌の修復などの美容効果を強く持ちます。そして〈成長ホルモン〉は代謝にも強く影響がでます。

およそ7時間くらいのしっかりとした睡眠をとると300㎉ものエネルギーを消費するとされています。睡眠不足になるほど疲れも抜けなくなり〈痩せにくい体質〉へとなりやすく、睡眠時間が少ない人ほど肥満率も高いという傾向がでています。

睡眠はダイエットにおいて必須項目です。睡眠が4時間以下の方は非常に危険です!

下記書籍は電子版なら¥968で読めます。

そういえば普段は3・4時間くらいしか寝てないし、たまにオールもしちゃうな・・・

という方は是非読むことをおすすめします。書籍後半では睡眠以外の内容もあり、痩せるための参考知識が詰まっています。ダイエットにはかなりおすすめできる一冊です。

まとめ

ダイエット中に『食べていないのに痩せない』という方はチェック

●腸内環境を整えて便秘改善をし、脂肪を蓄積しにくいようにする!

●我慢をしすぎてつまみ食いは逆に太る!『食べない』ではなく太らない食事を意識する方が痩せる!

●日常動作に少し筋肉を使う意識をするだけでダイエット効果は格段に上がる!

●睡眠をしっかりとる!7時間以上の睡眠をとる人に比べ、4時間以下の人の肥満率は70%オーバー!

『痩せない』という方の中で圧倒的に多いのはやはり〈睡眠不足〉ですね。しっかりとした睡眠は本当にダイエットに欠かせない項目です。

近年ではオンラインの発展もあり、一般の人でも〈プロトレーナー&栄養士〉からの直接指導も受けやすくなっています。ダイエット方法が合っているかわからなくて不安がある方は下記記事も参考にしてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる