幼児・子供の自転車デビュー!ネット購入と店購入の体験談&注意!

子供への自転車を考えたはいいものの、どんな自転車を買えばいいの?サイズってどれにすればいいの?
自転車のネット購入は初めてだけど大丈夫かな?お店に行ったほうが安心かな?

等々、本当に色々悩みますよね!
私は子供が一歳になるぐらいから早々悩んでいました(笑)

今回は自転車の選び方はもちろん、体験談をのせた注意点を色々ご案内します!
よろしければ参考にしてください。

目次

適正身長目安 と 年齢別の平均身長

〚12インチ〛適正身長約85㎝~100㎝

 2歳~3歳 平均身長 85㎝~92㎝

〚14インチ〛適正身長約90㎝~105㎝

 3歳~4歳 平均身長 92㎝~100㎝

〚16インチ〛適正身長約100㎝~110㎝

 4歳~5歳 平均身長 100㎝~103㎝

〚18インチ〛適正身長約105㎝~125㎝

 5歳~6歳 平均身長 103㎝~113㎝

〚20インチ〛適正身長約110㎝~140㎝

6歳~8歳 平均身長 113㎝~130㎝

〚22インチ〛適正身長約115㎝~145㎝

8歳~11歳 平均身長 130㎝~148㎝

まずは上記の数値を一つの目安にしてみてください。

注意ポイントその1

メーカーや自転車のタイプによって 前後数センチの適正身長のズレがありますので

上記の数値はあくまでも目安となります。

実際に【身長100㎝の子供に16インチの自転車を買ったら、足がギリギリつかなかった】

というケースもあります。

すぐにでも乗せてあげたいお子様が適正身長ギリギリの場合は注意です。

一度試し乗りをすることをおすすめします。

大型のショッピングモールなどにも必ず子供用自転車がありますから、お出かけついでにチェックできちゃいますよ☆

基本的には自転車専門店はどこでも跨ぐ程度のことはさせてくれますが、チェックだけのつもりなのに子供が自転車に夢中になって騒ぎだしてしまっても、ショッピングモール内の店舗さんなら目移りするものが他にたくさんですからね(*^^)v

あとは、【ちょっと見に行くか】と専門店に行くと、まずお値段に少々ビックリさせられてしまう方もいると思います。 良い自転車とはいえ子供用だからって舐めてたわ( ;∀;)

ってなことにホントになります(笑)

2歳スタート トレーニングバイク

ほとんどの方がご存じかもしれませんが、ハイ!ペダルのない自転車です。

名称はランニングバイクであったりトレーニングバイク等々いくつかあります。

初めの自転車練習はコチラが非常におすすめです(*’▽’)

種類はとても豊富で、お値段も驚くような値ではないので選べる物も多く、

幼児用の12インチを採用している物がほとんどなので2歳くらいからチャレンジできちゃいます(*^^)v

足がベッタリ地面に着くようになればもう、あっという間に両足を浮かせて進んだりして遊ぶようになり、

ペダル付きになっても乗れるようになるまでかなり早まります☆

ペダルの後付けができる!?変身バイク

トレーニングバイクにはペダルの後付けタイプのものがあります。チェーンの部分とペダルを装着するだけなので取り付けも簡単にできる便利自転車です。こちらは2歳~4歳くらいの子供へオススメですね💡

変身バイクのいいところは、2歳くらいから跨げるサイズですので地面に足がついていて、子供がすでに乗りなれているのでペダル装着後の恐怖心が和らぐトコロです。

3歳になったからといってすぐにペダル付きに乗れるようになるわけではないですから、2歳~4歳の2年間くらいの間活躍をみせてくれます。

「なんだ、変身バイクのほうがいいね!」と思うかもしれませんが変身バイクの場合、ペダル付きの自転車も買える値段に近づきますのでご注意ですよ💡

注意ポイントその2

当たり前ですが車の通りがある場所は避けましょう!

子供はホントに凄い早さで乗りこなせるようになり、2、3歳でも大人が速めのジョギングをする程度のスピードは簡単に出しちゃいます。

楽しくてたまらないんでしょうが、周りが全く見えなくなって平気で車道にでてしまいます。ヒヤリとして心臓止まりそうになりますよ(;´Д`)

公園で乗るときは公園ルールをよくみて

広い公園にはよく注意喚起の看板があるのですが、公園内でもエリアによって自転車系を乗り回すのを禁止しているところは多いです。  ココはダメです!このエリアはイイです!

というように出入口の園内マップに記載されていたりするのでちゃんとみましょうね!ルールを破るとまわりの人達の冷めた視線が刺さります・・・

*安全防具(最低でもヘルメット)は用意しときましょう

ルールがどうとかではなくシンプルに安全のために着けたほうが良いです!

上記でもありますが、けっこう速めの大人のジョギングほどのスピードは出ます。

何かあってからのことを考えると絶対に付けさせたいです!更にいうと、ランニングバイクの大会などもあって、スピードもでれば技もできてしまったり、怪我の危険性が十分ある乗り物です。

ワンポイントアドバイス

ネット通販をみると子供に人気のアニメキャラのデザインもあったりして、逆に子供が被りたがったりしますよ☆

3歳からのペダル付自転車

3歳になると身長も100㎝を超えてくる子もでてきますね。

誕生日やクリスマスのプレゼントに考えている方もいるでしょう!

ですが、焦りは禁物ですよ!購入前にしっかりリサーチしましょう💡

まず第一条件!跨いだ状態で両足が地面につくか?ですね。というか絶対条件です!

そして自転車の耐久性も購入前に知っておきたいですね。

店頭購入であればその場で耐久確認もできますし、店員さんに聞くのも良いでしょう!

BAAマークが安全の印

自転車の後ろの辺りによく付けられているシールで、【安全・環境基準適合車】と記載されています。これは自転車協会が定めている安全基準の検査に合格しました。というマークです。

BAAマークの付いた自転車は自転車の整備技師によって完全な完成車として提供しなければならないので、このマークがあれば安心感はかなり高まります。

注意が必要なのはネット購入です。

ネット購入をするのであれば、商品ページに耐久重量の記載があります。絶対見ましょう!!

ブレーキをかけるだけでも相当な負荷が自転車にかかります。もしも【壊れやすい】なんてコメント評価がついていたら即アウトです!!十分な余裕を持った耐久重量か確認しましょう!子供の体重の2倍以上あって普通です。大人が乗っても壊れなければ完璧です。

↓↓ 重要な内容です↓↓

まずネットでの購入となると、【組み立て】が必要になってくるケースがけっこうあります。この時点でまずBAAマークはありません。組み立ての場合、商品の紹介ページに記載がありますのでしっかり見ましょう。

「マジか・・・組み立てはちょっと・・・」

と思う方もいらっしゃるでしょうが、組み立てはさほど難しくはありません。

ハンドル・サドル・ペダルのみ組み立てというのがほとんで、説明書もありますし、YouTubeなどにも参考になる動画がありますので、焦らず説明書どーりに丁寧にやればちゃんと完成品ができあがります。・・が(‘Д’)

日本製品ではない場合に要注意!!

微妙にパーツのズレがあったりして、無理やりはめ込むことになったり、

【組み立てたはいいが、自転車が適正身長よりかなり大きすぎた!!】

なんてこともあります。そもそもの目安の感覚の違いかもしれませんが・・

ネット購入の場合は購入者のコメントがとても重要になってきます。必ずよく見ましょう!

自転車の重さをチェック

14インチ~18インチのペダル付きの丈夫な自転車となってくるとかなりの重量になってきます。軽いもので7、8㌔で重いものになると15㌔近くになってきます。

4歳児(16インチ自転車デビュー時期)の平均体重が16㌔前後ですから・・・自分とさほど変わらない重さの自転車に乗ることになります。子供からしたらけっこうな恐怖です。

初めのうちはしっかりと一緒に支えてあげましょう!

自転車買い替えのタイミングは?

子供の成長次第ですがこれはおおよそ2年~3年ですね。サドルをMAXまであげて乗るようになったり、ハンドルに膝がぶつかっていたらすぐ買ってあげることをおススメします。サイズの合わない自転車に乗るのは非常に危険です💡

一般的なパターンは幼稚園&保育園で1台目の購入、小学生にあがって2台目の購入。というような流れが多いようですね。ですので子供の成長のピークまでは、自転車1台につきだいたい3年前後と考えておいてよいと思います。

最後にネット購入を考え中の方へ

これはなかなか厄介なことなのですが、街の自転車屋さんではネット購入の話は避けたほうが良いです!

パーツ類は別として、ネットで車体購入をすることを良く思わないお店の方はすごく多いです。もちろん理由はいくつか想像できますが、ネット通販の話をし始めた途端に店員さんがあからさまに不機嫌になってダメ出し・注意を突然しはじめたり、急に冷たくなって【帰ってくれない?】みたいな態度になって居づらくなってお店をあとにしたり。

私の話の持ち出し方が悪かったのかもしれませんが、ちょっと相談したつもりだったのに、私は何件かで切ない思いをしました(=_=)その後いくつかのお店には行きづらくなって足を運んでません。

もしも専門の方の話を聞きたい・相談したいと思うのなら、慎重にお話ししましょう!

長々とご覧いただきありがとうございます。何か一つでも参考になる内容があったら幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる