低身長でも本気で稼げるスポーツ!ボートレーサー!

背が高い!←言われて嬉しい言葉だとは思いますが、高い身長であるがゆえに決してみることができない夢、開けることができない門があります。

*ボートレーサー(競艇選手)

という職種があります。聞き馴染みがある言い方のほうですと競艇選手ですかね。

選手登録者数約1600人の競艇選手が日本全国に24ヶ所存在する競艇場で日々激しいレースを繰り広げています!

なれただけでも凄いと思えるボートレーサーですが、成績次第でサッカー選手や野球選手を超える年収をも手にすることができる実力世界のスポーツ選手です!

そしてその世界へは高い身長では門すら開けることができないのです。低身長でも本気で稼げるスポーツ選手、それがボートレーサーです。

目次

ボートレース(競艇)

競艇とはモーターを積んだ一人乗りのボートで6人の選手がレースを行う公営ギャンブルに属している競技です。

競技は全国24カ所ある競艇場で行われます。

各競艇場で一つの節(基本4~6日間で行われる大会)が終わるごとに数日の休催期間があるのですべての競艇場が毎日レースを行っているわけではありません。

ボートレーサー(競艇選手)

*競艇選手ってどれくらいの人数がいるの?

約1600人の競艇選手がいますそのうちの1割は女性の選手です。

*稼ぎは?お給料は良いんですか?

A級レーサーの平均年収で1600万円ほど、超トップの選手は億超えです

まず競艇選手の人数ですが、1競技のみの選手人口としては非常に多いです!

プロの人数が多いと思われる競技は

●野球選手:約900人

●サッカー選手:約1000人(J1.J2まで)

競艇選手の人数約1600人というのは他と比べても非常に多いですね、そして平均の収入も非常に多いとされてます。

ですが競艇選手になるためには非常に厳しい条件があります。

ボートレーサーの身長制限その1

競艇選手になるには、まず【競艇選手養成所(やまと競艇学校)】を卒業することが必須条件になります。

やまと競艇学校への入学には試験がしっかりとありますが

さらに受験資格があり、その項目の中に身長の制限があります。

受験資格有者↓

*15歳以上 30歳未満

*身長175㎝以下であること

*体重・男47㌔~57㌔ 女42㌔~50㌔

175㎝以下でないと受験すらできない!門をたたくことすら許されません!

ボートレースは、男性では低身長とされる160㎝代の選手が圧倒的に多い競技です。

ボートレーサー身長制限その2

*なぜ身長に制限があるのか?

それは競技の規定で出場者の体重が〈男52㎏以上・47㎏以上〉とされていることからだといわれます。

競艇では体重が軽ければ軽いだけ有利と言われています。

重量はスピードに大きく影響を与えるのでトップの層に君臨している選手たちはほとんどが最低体重を維持してレースに臨んでます。

最高速度70キロ前後にも達するボートを操るには体力も力も必要となってきます。

高身長であっても体重を落とすことは可能ではあると思いますがそれは体に大きな悪影響を及ぼすため、175㎝以下という規定があります。そのためボートレーサーは低身長の選手が自然と多くなります。

女性ボートレーサー

上記でも少しでてましたが、全ボートレーサーの約1割が女性のレーサーです!

中には男のレーサーを置き去りにして1着ゴールを何度もみせる女子レーサーもおりますし、母親がボートレーサーでその背中を追ってボートレーサーになった女子レーサーもいます。

『男だけのスポーツではない!!』と魅せてくれる女性レーサーも多数います!!

ボートレーサーの収入

競艇選手の年収は平均で1600万と上でいいましたが実際は上と下でめちゃめちゃ大きな差はあります。

上は億超え 下は500万 です!

(・・・500万でも十分しっかりした年収だとおもいますが)

競艇では大会の優勝賞金以外にレースでの着順による賞金もあり、実力トップクラスで年に何度も優勝をする選手はとてつもない高給取りです!

ボートレーサー(競艇選手)のランク

競艇選手にはランクがあり、上から

A1級>>A2級>>B1級>>B2級

と成績によりランクの振り分けがあって、上にいくほど賞金の高いレースに出場できるようになっていきます。

ボートレースの大会グレード

選手同様に大会にもグレードがあり

SG>>GⅠ>>GⅡ>>GⅢ>>一般戦

となっておりSG(スペシャルグレード)での優勝賞金は〈3000万円以上〉の破格の数字です!

最高優勝賞金は1億

競艇の最高グレードのレースSG、そのなかでも

賞金王決定戦は優勝賞金1億円のレースで、その年の競艇界のトップ18名のみ出場できるもの凄いレースです!

競艇は実力の世界といいましたが、この約1600人の頂点を決めるレースに2度も3度も優勝をしている選手や常連として出場している選手もいれば

選手でありながら生涯モニター越しでの観戦の人(ほぼみんな)もいるという実力の世界なのです!

最後に

スポーツには身長・体格がモノをいう競技が多数ありますが、デカいからこそできない・なれないモノもあるのです。

ちなみに私はレースを観て思わずファンになってしまった選手が何人かいます。凄い選手には自然と目を引き付けられます。

ギャンブルと聞いて、知っていて、良くないイメージを持つ人もいるとは思います。ですが、競艇はスポーツだと私は認識してます!選手として輝いている人たちはたくさんいます!

全ての人がなれるものではありませんし、チャレンジ資格をあなたが、もしくはあなたの周りの人が持っているのなら、選択肢の一つにできたらと思います!

推奨アニメ:モンキーターン みるべし(^^)v

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる