MENU

〈ボウリング〉マイボール初購入と同時にかかるお金!

ボウリングのマイボール購入を考えている方で、ボールの値段だけに目が行っている方がいると思います。

マイボールを買う際にはボールの値段を気にするのは当然ですが、ボールを購入したら〈同時に必要になる出費〉があります。

本記事の内容

*マイボール購入と同時にかかるお金
*ボールの穴あけ(ドリル)にかかる費用
*ボウリングボール用バッグが必須

以上の内容をお話しします。これからマイボールを購入しようと考えている方は是非参考にしてください。

目次

マイボール購入と同時にかかるお金

*ボールの穴あけ(ドリル)料金
*ボウリングボール用バッグ代金
*余裕があればシューズ代金

初めてマイボールを購入するときは『ボールの値段がいくらするか?』ということに頭を多く使ってしまいます。

お財布と相談してマイボールを購入するときは〈ボールの値段+1万円〉くらいまでの出費を考えておきましょう。

ボールの穴あけ(ドリル)にかかる費用

相場料金:5000円ほどボウリング場によって500円くらいは変動します)

*指のかかりを良くするための〈フィンガーグリップ〉というものを穴に埋め込むと〈別途料金〉となりますので、〈トータル7000円〉くらいを想定しておくとよいです。

フィンガーグリップは付けなくても良いのですが、付けると〈持ちやすさ・投げやすさ・指のかかり〉が良くなりますので、カーブのかかりにも影響が出ます。せっかくマイボールを手にするのなら、始めから付けてもらうことをオススメします。

ボールの穴あけ(ドリル)をしてくれる場所

ボウリングボールの穴あけは各ボウリング場でやってくれます。ボウリング場にあるプロショップで、在籍する公認ドリラーさんが対応してくれます。

注意1:ボウリングボールの穴あけ料金はボウリング場のホームページに見当たらない場合が多いので、直接ボウリング場に問い合わせて料金を聞くのが1番早いです。
注意2:公認ドリラーの方は常時在中しているわけではないので当日対応してもらえない場合があります。
注意3:穴あけ(ドリル)は〈持ち主の手に合わせる調整〉〈ボールの軌道イメージ〉をドリラーの方と相談して行うので相談だけでも小一時間かかります。
注意4:穴あけ(ドリル)予約が多く入っていると受け取りに数日かかるので、まずは最も通いやすいボウリング場に相談してみましょう。

ボウリングボール用バッグ

マイボールを購入したら必須になるのがボウリングボール専用バッグです。ボールのみを入れるバッグはありますが、おすすめするのはシューズも入るバッグです。

マイシューズは余裕があればおすすめしますが、早めに購入をした方が断然お得です。レンタルシューズが1回300円ですから、10回ボウリング場に行けばだいたい元は取れます。

*別のバッグや袋で代用しようというのであれば、答えは『それはやめたほうがいいです。すぐにバッグが壊れてしまいます。』重量が分かる表を載せておきます。

ボールの重さ

6ポンド 2.72kg 11ポンド 4.99kg
7ポンド 3.17kg 12ポンド 5.44kg
8ポンド 3.62kg 13ポンド 5.89kg
9ポンド 4.08kg 14ポンド 6.35kg
10ポンド 4.53kg 15ポンド 6.80kg
16ポンド 7.25kg

その場で持つにはそこまでの重さではなくても、持ち運ぶとなるとけっこうツライです。ちなみに30代の私はいつでもどこでも肩掛けタイプで14ポンドを運んでいますが肩に真っ赤な跡が残ります。。

10代&20代にはオシャレなタイプを、30代過ぎにはカートタイプがおすすめです。

 

まとめ

*穴あけ(ドリル)料金を考慮しておくこと
*ボールの穴あけ(ドリル)は時間がかかるので余裕を持って
*専用バッグ購入は必須!代用バッグは壊れます
*初マイボール購入はボール代+1万円は考えておくこと

ボールの料金だけで悩んでいると購入後の出費で悲しくなりますので、事前にチェックしておきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる