左利きになりたい人へ、左利きあるあると特徴(スポーツネタあり)

左利きとして生活していると右利きの方にはない発想がたまにでてきます。

そんな左利きあるあるネタと左利きになる方法などをを紹介します!

 

ただちょっと思うのですが・・・・

すでに右利きとして生活を送っている人が左手を自在に使えるようになった場合

それは左利きではなく両利きですね(*ノωノ)

両利きカッコイイ!!!!

目次

左利きあるあるシリーズ

左利きの人は自分は左利きである・・・といちいち意識して生活をしてはいません。

ですが考えてみるとけっこう右利きの人との違いがあります。

 

左利きは字を書くのが苦手・・・

あるあるネタその①は定番と言っていいかもしれませんが

『左利きは字を書くのがけっこう苦手』な人が多い

 

理由

文字を書く際は左から右へ書くことが多いが、左で書く場合は

書いた字が左手で隠れながら書き進むためバランスが悪くなりやすい

ついでに言うと、字の上を常に手が動くので書いてる左手が汚れやすい(。-`ω-)

 

左利きは習字が苦手

習字・・・つまり筆文字ですね。

筆で書く字は基本的に右で書くように作られています。。

左手で頑張っても、『手の向き&腕の角度』とかでハライとか全然上手くできません。。

習字の賞とかはもう最初っから諦めモードです(。-`ω-)

 

食事の席は左端が好き

左利きの人が食事の席で好むのは左端です!!

【左に座ることで右利きの人との肘がぶつからなくなるため】

左利きは少数派なので意外と右利きの人に気を使っている人が多いのです(;・∀・)

 

左利き用のスポーツ用品が品薄 (泣)

あるあるネタの最上位です!

スポーツの種類にもよりますが

野球&ゴルフ

この二つは特に切ない・・・

ショップにある左利きコーナーの狭さには涙がでます(*ノωノ)

数も少ないため右利きの物より安いものが少なくデザインも選べる物が少ない(泣)

左利き用のハサミに感動する

百均や文房具店で普通にハサミを購入すると、それらはほぼ右利き用です!

普通の紙を切る程度であれば問題ないのですが、少し厚めのものを左手で切ると

切ったラインがボロボロになる(;´Д`)

左利き用のハサミとか見つけたら本気で感動します☆

 

左利きは器用な人が多い

左利きの人は器用な人が多いと言いますが、いくつか理由はあると思います。

 

*右専用ではなくても右手で作業しやすくできている物が多いので、左利きでも右手で作業することが多いから右手も使えるようになる

*何かを教わるときは右利きの人から教わるため、自分の頭の中で左手に置き換えて考えるように自然となっている

特に学生時代では多くの基本となることを教わります。

ですが左利きの人はそれらのほとんどを【皆が右でやるなか、左に置き換えてやる】

教えてくれる人も右利きが90%以上です(。-`ω-)

 

そんなことを日常で行っていれば自然と器用になっていきます(;・∀・)

 

『右でやればいいじゃん】

と思われるかもしれませんが、気づいたら左利きになっていたので

左でやるのが当たり前の人にとっては自然な行動なんですよね☆

 

 

ですがどーしても左手でやるには不便なことがあります。

そんなときは当然右手を使います。

左利きの人が両利きになることが多いというお話もありますが納得のいく話です。

 

左利きはスポーツで有利

左利きはスポーツで優遇される・・・とよくいわれます。

それは

*左右均等にフィールドが作られているスポーツのポジションの都合上

*人が相手の場合、右利きの人は左利き相手に不慣れなため

 

多くのスポーツにはプレイをするフィールドがあり、中心点から左右に均等に距離がとられています。

その場合、左側のポジションでは左半身を使う動作が増えるため、配置される人は左利きが優遇されます。

 

相手が直でいるスポーツの場合

左利きの割合は約10%ほどと言われています、10人に1人・・・寂しいねぇ。。

つまり右利きの人が左利きを相手にすることは少ないんですね。

逆にいうと左利きの人は右利きを相手にするのは『いつものこと』なんです。

 

プロともなれば話は変わってきますが、相手側が不慣れというのはスポーツでは超絶有利なんです!

 

*ご注意です
上記でも書きましたが、競技によっては左利き用の道具は本当に品薄です!!

お値段もけっこうかかることもあります!! 私は何度も切なくなりました( ;∀;)

 

左利きになる方法

左利きあるあるでもわかるように

左利きの人は『日常で右で行う作業をほぼ全部左手でやります』

*食事

*字を書く

*ケータイの操作

*ボールを投げる

これらを日常的に左手でやっていれば左利きになれます!!

 

右利きの人は『人の動きを見て同じことを左に置き換えて真似をする』なんてことはしないでしょう。

左利きの人にとっては自然の行為ですが

これをやるんです٩( ”ω” )و!!

 

最後に

左利きというのは優遇されることがあるように思われますが、けっこう不便なこともあります。。

気づいた時には左利きなので本人はあまり気にしていないことが多いと思いますが(笑)

不便を不便と感じずに左手で作業していくうちに器用になっているんですね!

 

あえて最後に一言

両方マスターしたら一番強くてカッコイイんじゃないか!!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる