おすすめスポーツアニメ特集第2弾!レース系スポーツアニメ!

おすすめスポーツアニメ特集の第2弾です!

今回はレースを題材に主が勝手にドハマった作品を紹介します!

あまりにもハマってしまったために、私自身も影響を受けてヤリ始めてしまったものもあります。

今回も有名作品がメインですが、も・し・も!まだ見てない人!は是非!小ネタもはさんでいきますので全部見た人はコレを気に改めて見てみようと思ってもらえたら幸いです。

それでは今回もできる限りネタバレしないようにしながら紹介していきます!

目次

弱虫ペダル

作品名:弱虫ペダル
作者名:渡辺航
ジャンル:自転車(ロードレース)
年代:2008年~連載中 2013年アニメ化

どうみてもスポーツとは無縁のアニメオタクの主人公【小野田坂道(おのださかみち)】が高校入学後に自転車競技(ロードレース)に出会い全国のトップ舞台まで行っちゃう話。

主人公よりもむしろ他のキャラのほうがインパクトが強いというのが作品としての面白さを引き出している!

コレは主がめっちゃ影響受けたアニメだな!

そのようですね!でもロードバイクってかなり値段が高いので購入時はそうとう悩んだみたいですよ。

近年ではだい~ぶ価格が抑えられていながらも性能が高いロードバイクがありますが、それでも定価10万円オーバーは普通ですw作中キャラ達(高校生)が使用しているロードバイクにいたっては定価50万オーバーの物も!メルカリなどの転売系なら、かなりお手頃に手に入ることもあるから気になる人はチェックしてね!

ニッポンノコウコウセイ、オカネモチネ、、

wwwまぁお金の話は置いといて。

以前話をした【女子がハマった男子漫画】のことを覚えていますか?

おー!あれな!黒子のバスケよりハイキューのほうが女子人気あったのは知らんかったわ!

黒子、ハイキューを抑えて、2014年の女子がハマった男子漫画第1位を獲得したのが弱虫ペダルなんです!

マァァァジか!!いやだって少年チャンピオン連載やぞ!?刃牙とかヤンキー漫画だらけのチャンピオンやぞ!?

そこは同意しますが、女子は単行本とアニメをご覧になっていたんだと思いますよ。

なんと2014年の女子がハマった男子漫画第1位が弱虫ペダルでした!正直熱々なスポーツアニメで恋愛シーンとかもないので女子に素直な感想が聞きたいですが、つまり年齢性別問わず見た人みんなが熱くなれる漫画・アニメというわけです。

主の一押しシーン:箱根学院3年東堂尽八VS総北高校3年巻島裕介 インハイでのクライム対決!リアルに涙でました。

 

 弱虫ペダルを無料視聴する〈U-NEXT〉

頭文字D

作品名:頭文字D
作者名:しげの秀一
ジャンル:公道レース
年代:1995~2013年

レース系アニメの頂点人気作品と言っても良い【頭文字D】!父親の仕事の手伝いで仕方なく毎日とうふ配達のために車の運転をしていた高校生の主人公【藤原拓海(ふじわらたくみ)】。雨の日も風の日も雪の日も毎日走っていたある日、さっさと帰って寝たい拓海は前を走る実はめちゃめちゃ速い車を峠でぶち抜いてしまった。そこから峠を会場にした公道レースバトルの日々が繰り返されることになる。

凄いよなぁ!子供の頃から毎日車で峠を。ちっちゃい子供の頃から。なあ?

・・・黙秘権を発動します。。

ぶっちゃけキャラ画はかなり独特な感じがあるので好みが別れるとは思いますが、レースシーンは興奮しっぱなしになります。特にアニメで使用されている音楽が見る人をさらに興奮状態にさせます。運転中に頭文字DのBGMが流れたら無意識にハンドルを強く握りしめたくなってしまう人は多いはず!

もうイニDの曲流して運転したらドリフトできちゃう気になるんよなぁ~!

音楽は人の感情・意識に強く刺激を与えますからね!頭文字DのBGMを流して運転するときはスピードの出し過ぎに注意ですよ。

主人公の拓海が乗るトヨタ・スプリンタートレノ・AE86型、通称【ハチロク】は1987年に生産は終了するものの、漫画・アニメ頭文字Dのあまりの人気っぷりに中古値段が跳ね上がるという事態に!

で、ハチロクって買うとどんくらいするの?

走行距離20万キロを超えていても200~400万円くらいでだいたい取引されてますね。

・・・アカン、ちょと言葉がでなかったわ。

え~と、30年以上前の車で20万キロ走っていても・・・おう、頭文字Dの凄さが分かったわ・・・

 

2021年現在でも中古相場はプレミア価格で荒れ狂ってます!頭文字Dの影響なのは100%間違いないでしょう。アニメはOVA・劇場版もありますので1日で全て見るのはまず無理というボリューム!睡眠不足にならないように頑張ってみてください。

アニメを見た人は分かる作中最強の相手の動画

 

 頭文字Dを無料で視聴する〈U-NEXT〉

 

ウマ娘プリティーダービー

作品名:ウマ娘プリティーダービー
ジャンル:競〇レース?
年代:2018年~

【ウマ娘】は長期連載漫画人気爆発からの~という流れではなく、アニメで人気爆発した系です。もちろん漫画版もあります。【STARTING GATE!-ウマ娘プリティーダービー】というタイトルでウェブコミックとして2017年~2019年まで連載されていました。

初めはウマ娘ってなんなん?なんで名馬が美少女化してしまった?とか思ったけど、コレ見始めたらハマるわ絶対!

見たことない人は絶対思うやつですね。もちろんウマ娘の説明もしていきますよ!

ウマ娘とは:実在した競走馬の名前を持った、ちょっと人間と種族が異なる、耳とシッポのある美少女達が繰り広げるレース系アニメです!【ウマ娘】の世界には【馬】が存在せず、【馬】という漢字もありません。

天皇賞・有馬記念・ジャパンカップ等々の実際に行われた競走馬レースを美少女キャラたちが再現しちゃいます。

ウマ娘のレースシーンって結構熱くなれるんだよなぁ!そんで実際のレースも見返して感動し直しちゃったわ!

史実に基づいてレースを描いているので、ウマ娘を見てから実際の過去レースをみたという人は多いみたいですね!

正直に言ってしまえば私はワクワクしながら見始めたわけではありませんでした。が、実際みていたらめちゃめちゃハマりました!アニメを全然見ないガッチガチの競馬ファンには受け入れがたい人も少なくはないと思いますが、逆にウマ娘を見て競馬への考えが変わったり興味を持った人が非常に多いと思います。

俺は完全にウマ娘に脳をやられた!アニメ見てから馬たちが可愛く見えるようになってしまったw

しかし、ディープインパクトやクロフネがいないのはなぜだ!?

その辺は権利の問題だったり、まぁ大人の事情ですね。未登場の名馬は、もしかしたらですけど今後アニメ3期とかあればウマ娘として登場するかもしれません。

【ウマ娘】は確実に新たな競馬ファンを生みだしたアニメ作品だと思います。アイドル系アニメは見ない!とかいう人も騙されたと思って絶対みてください!

シーズン1での主人公は〈スペシャルウィーク〉、シーズン2では〈トーカイテイオー&メジロマックイーン〉ですが、押しはアナタが決めればいい!!主はお姉さんが好きなので〈マルゼンスキー〉押しです!

あまりにも素敵すぎる動画があったので載せておきます。

 

 ウマ娘を無料視聴する〈U-NEXT〉

 

モンキーターン

画像参照:anime-hiroba.com

作品名:モンキーターン
作者名:河合克敏
ジャンル:モーターボートレース
年代:1996~2005年 2004年アニメ化

ボートレース(競艇)を選手視点で描いた神作品!主人公【波多野憲二(はたのけんじ)】が競艇選手になるところからトップレーサーになるところまでを描いています。競艇をただのギャンブルとしてではなくスポーツとして認識させてくれる非常に熱い作品!

ボートレースは間違いなくスポーツだぁぁぁ!

わかったから落ち着いてください。

モンキーターンはボートレースへの知識・認識を持っていなくても、大人でも子供でも男性でも女性でも単純に面白い、いえ、熱くなれる漫画・アニメです。

実際にリアル女子レーサーもたくさんいるもんな!しかも綺麗な選手もいるんよなぁ!

男子もイケメン多いんですよね~。

過酷な試験・研修を経てプロのボートレーサーとなっているのは約1600人、そのうちの約220人が女子レーサーなんです。

モンキーターンのキャラは実際の競艇選手にモデルがいたり、作中で描かれたアクシデントなどにもモデルとなるレースが存在します。競艇ファンの人でモンキーターンを知らない人はまずいないでしょう。競艇は無知識の私もドハマって楽しんでみていましたが、ガチガチの競艇ファンの人からもモンキーターンを悪く評価する人がほとんどいません。神アニメ確定です。

【モンキーターン】には続編となる【モンキーターンV】もあり、両方合わせるとアニメでも全50話にもなる作品でかなりガッツリ楽しむことができます。

ですが2021年2月時点で無料視聴方法が・・・ない。主は現在あちこちにリクエストを送りまくっております。

あわせて読みたい
【アニメ】モンキーターンの動画視聴方法!第1話無料
【アニメ】モンキーターンの動画視聴方法!第1話無料近年のボートレースはウェブ投票のできる【テレボート】のおかげもあって年々人気が上がっていますね。そんなボートレースの漫画・アニメの最高傑作【モンキーターン】...

最後に

今回はレース系のスポーツアニメに焦点を当てて紹介させていただきました。紹介した作品以外にもレース系のアニメはたくさんありますが、機会があればまた紹介していきます!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる