MENU

NBA選手の身長が高すぎる!平均身長を色々比較してみた!

高身長スポーツと言えばバスケットボール!

バスケットボールと言えばNBA!

今回は巨人の世界【NBA】の選手身長がどれほど高いか比較などをしていきます!

目次

NBA選手の平均身長

2019-20のNBA選手の平均身長

≪198cm≫

*これはあくまで平均値なのでもっと背の高い選手も低い選手もいます。

ちなみに198㎝の選手で最も有名なのはバスケの神様『マイケル・ジョーダン』ですね。

日本で有名な方ですと力士で元大関の『把瑠都(バルト)』(197.5㎝ 193㌔)

198㎝がどれほど高い身長かわかりやすく説明

日本各地に設置されている自動販売機の高さ

183㎝

つまりNBA選手とは自動販売機の上に顔がある人達なのです!!(ちょっと失礼な表現かもしれませんゴメンナサイ)

ついで比較に、日本の玄関ドアが現代では200~240㎝くらいで設計してあり、NBA選手のC(センター)クラスになるとかなり大きめの玄関ドアと同じくらいになります。

つまり平均身長170.5㎝(男性)の日本人にとってNBA選手は玄関ドアなんです!(すみませんまた失礼表現をゴメンナサイ)

NBA選手ポジション別 平均身長

PG(ポイントガード):189㎝

SG(シューティングガード):198㎝

SF(スモールフォワード):204㎝

PF(パワーフォワード):207㎝

C(センター) :212㎝

*見やすい数値となるよう四捨五入もしてあります。おおよその数値としてみてください。

ポジションによってかなりの身長差がありますが基本的にはNBA選手=2メートルという感覚を持ってくれて良いと思いますw

他スポーツとの平均身長比較

野球

日本プロ野球:180㎝

メジャーリーグ:187㎝

野球選手は実際にみるとかなり大きい印象があります。ですがNBA選手と並んだら完全に小さくなってしまいますね。。NBA選手の中に違和感なく入れるのは日本では『ダルビッシュ有選手(196㎝)』『大谷翔平選手(193㎝)』くらいでしょう。

左:八村塁選手 右:大谷翔平選手

203㎝の八村塁選手と並ぶとさすがの大谷選手でもちょっと小さく見えてしまいます。

そんな八村選手もチーム練習に混ざるとフツーに他の選手に隠されちゃいます・・・NBAヤバッ。

サッカー

日本:178㎝

世界(身長TOP10国平均):185㎝

サッカー選手は印象では野球選手より若干小さい感があります。NBAでは190㎝でも【非常に小柄】と言われます・・・意味が分からん世界です。185㎝と言えばサッカー界の頂点『クリスティアーノ・ロナウド選手』がそうです。

バレーボール

全日本:190㎝

世界:197.6㎝

キターー!!高身長スポーツと言えばバスケと【バレーボール】!さすがにバレーボールは背の高い選手が多いです!・・・が、バレーボールで最も背の高い選手が多いポジションMB(ミドルブロッカー)の平均身長で204㎝・・・NBAのC(センター)平均212㎝は怪物です。

ちなみにバスケとバレーの選手ではどちらの方がジャンプ力があるんでしょうね?気になります・・・

最後に

NBAは最も背が高い人達が多いスポーツです。ですが歴代では日本人の平均身長よりも低い選手もいました。

NBA史上最低身長選手は160㎝、NBA史上最高身長選手は231㎝・・・

その差なんと71㎝!

日本人でも現在体格で一切の引けを取らない八村塁選手(203㎝)がNBAでの活躍をみせてくれていますが体格の壁をぶち壊す日本人も現れるかもしれませんね!

画像引用YouTubeチャンネル:ニコラス武 
画像引用:https://note.com/hanayan_nba/n/n02477a2d418e
画像引用:http://matomemo-p.blog.jp/archives/4487818.html

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる